レーシック手術って実際どうなのか

子どもの頃は視力が2.0あったのですが、中学生くらいから徐々に視力が低下してきました。徐々に低下していくので、慣れというものがあって生活でそれほど不便を感じたことはありませんでした。見えにくい中で、生活をしているとそんなものだと理解しているからだと思います。ところが、一度眼鏡をかけだすと、眼鏡がない状況が不便で仕方ありません。少ししか離れていない距離も文字が見えない。何かが書いているけどぼやけて見えないという状況はとても不快です。スポーツをしていたのですが、感覚的に見えていたものが見えなくなって感覚が狂ったことも覚えています。そんな不便を体験してからコンタクトレンズを使用したのですが、はじめてコンタクトレンズをつけて外の世界に出たときの感動は今でも覚えています。世の中がこれだけ美しかったのか、と本当に思いました。

ですが、コンタクトレンズは煩わしい管理が必要です。それにランニングコストもかかります。ですので最近は、お洒落もかねて眼鏡をかけているのですが、たまには眼鏡なしで生活をしたくもなります。眼鏡とコンタクトレンズを両方もっていたらいいのでしょうが、わざわざ両方をそろえるのは手間だなと思ってしまいます。そこで最近気になっているのがレーシック手術です。短時間の間で手術が終わるそうですし、視力が本当に回復しているようです。ただ、あまり良くない噂を聞くのも事実で、実際に行うとなると不安になります。

私の友人でレーシックをした人がいるのですが、彼の場合は一切トラブルはないようです。今でも快適に裸眼生活を送っています。ネットでも調べてみると、適切な期間で手術をすると本当に安全な手術だそうです。手術をするには、メリットが大きいでしょうがそれにまつわるデメリットも少しはあるでしょうから、しっかりと調べた上で受けたいです。とりあえず、できるだけしっかりとした医療機関に相談してから、うけるが良いのでしょうね。